KaleidoTile Icon 万華鏡タイル(KaleidoTile)

KaleidoTile screenshot

万華鏡(kaleidoscope1)の原理を使って、動く多面体やモザイク模様を描きながら、それらの図形について、勉強しましょう。平面モード(△印)では、普通の平らな多角形で構成された、多面体やモザイク模様を、曲面モード(◯印)では、多角形を曲面に沿って湾曲させ、滑らかな球面、平面、または双曲面を、タイル張りにしたものが描けます。各多角形は、「万華鏡タイル」に組み込まれている多く図柄や色で、あるいは自分の好きなイメージを使って、装飾することができます。同じ対称性を持つ、多面体やモザイク模様は、互いに他に、連続的に変形し合うことができます。例えば、正十二面体を、連続的に、正二十面体に変形することができることから、正十二面体と正二十面体とは、同じ対称性を有することが、確認できます。

「万華鏡タイル」は、対象年齢を、主に高校生に想定していますが、大学の幾何学の講義で、対称変換群を説明するのに、また、中学校の美術の時間に、芸術における対称性の役割を紹介するのにも、使われています。「万華鏡タイル」には、少人数グループで勉強するための、「タイル張りと対称性」に関する、問題集がついています。

訳者注: 1万華鏡のことを、英語で kaleidoscope = kalos(美しい)+ eidos(形)+ scopeo(見ること)というが、これは1813年(特許申請は1816年)に、万華鏡を発明した Sir David Brewster (1781-1868)による命名。Sir David Brewster は、光学の、Brewster Angle の発見者としても知られている。

使用可能言語
ウェールズ語英語フランス語イタリア語日本語韓国語ポルトガル語中国語(簡体字)中国語(繁体字)
ライセンス
フリーウェア (GNU General Public License)
よくある質問
最新ヴァージョン
3.10 (2016年4月21日にアップデート)
焦堂生氏による中国語訳を追加
ダウンロード

質問は、
ジェフ・ウィークスまでお寄せください。

日本語訳をしてくださった、竹内建(Tatsu Takeuchi)氏に感謝します。

このページは、次の言語でもご覧になれます:
Cymraeg   English   Français   Italiano   日本語   한국어   Português   简体中文   繁體中文

このページに掲載されているソフトウェアは、米国 National Science Foundation (NSF) からの、 Grant No. 1503701によってサポートされた研究をもとに、開発されました。 このページ、および掲載されたソフトウェアを通して表明された、意見、発見、結論、および推奨は、全て作者個人のものであり、 NSFの見解を必ずしも反映するものではありません。 

[Geometry Games のホームページに戻る]